春の川辺
静岡県・南伊豆町(みなみいずちょう)
●撮影日時:2004年2月28日 午前9時  ●天候:晴れ

濃いピンク色の桜が川の両岸を覆い、抜けるような青空に輝いて早くも春爛漫の風景でした。できるだけ人工的なものを排除するため並木を歩いて探し、祭りのぼんぼりなどが少ない川岸に狙いを定めました。土手に植えられた菜の花が桜をいっそう引き立て、彩りもよく調和しています。広くフレーミングして華やかな様子を写したいところですが、障害物が入るため一本の桜と菜の花を主体に構図を決定。花の間から青空と川を見せることで、春の陽気を感じる作品にしました。単純な画面構成で狙いをはっきりさせることが必要です。菜の花の配分が多いときは、暗くならないよう露出に注意しましょう。
ペンタックス645NII・FA45mmF2.8・Avモード(絞り16選択)・フジクロームベルビア100(ISO100・カラーリバーサルフィルム)・CPL(円偏光)フィルター/三脚使用
●撮影ポイントの様子

●撮影地について
伊豆半島の最南端に位置する南伊豆町は、南西に太平洋が開けた海岸線が続く風光明媚な景勝地が広がっています。温暖な気候から花も次々と咲き出し、この時期を華やかに彩る「みなみの桜」は、河津桜と同樹種の早咲き桜で花期も比較的に長い点が特長です。
青野川沿い約2キロにわたって植樹された木々はすっかり成長し、美しい桜並木が続いています。また川の斜面に咲き乱れる菜の花は根元まで覆い、黄色とピンク色のコントラストに目を奪われます。眩しい日差しが降り注ぐ穏やかな風景に、一足早い春の訪れを感じるでしょう。
今年は例年より開花が早まっているので、観光協会の開花状況を確認してからお出かけください。
撮影地情報
一口メモ
2月5日から約1ヶ月にわたって続く「みなみの桜と菜の花まつり」は、期間中、ライトアップや多くのイベントが開催されます。会場内では地元の新鮮な農・海産物の販売や軽食なども出店され、観光客でいつも賑わっています。また、青野川沿いには日帰り温泉・町営銀の湯会館や足湯・湯の花もあり、さらに撮影が楽しくなります。
斎藤 友覧の日本の風景  −詳細撮影地ガイドシリーズ−
もっと多くの撮影地を知りたい!誰もが一度は写してみたい美しい日本の自然風景撮影地ガイドです。
春夏編 I
秋冬編 I
春夏編 II
秋冬編 II
斎藤 友覧(さいとう ともみ)
1941年東京生まれ。
会社経営の後、写真家に転向し写真事務所「フォトワーク遊」を設立。
1980年頃から主に日本全国の風景を写している。
現在日本カメラ社「写真の教室」で撮影地ガイドを連載中。
写真クラブ「ふぉとくらぶ遊」を主宰し、定期的に撮影会や講評会などを行っている。
日本写真作家協会会員、日本風景写真家協会会員

<連絡先>フォトワーク遊 Tel : 03-3988-0450
写真家・斎藤友覧 風景アルバム
バックナンバー
雪残る善神沼  秋田県・由利本荘市(ゆりほんじょうし)
吉高の大ザクラ  千葉県・印西市(いんざいし)
夕陽の岩礁  神奈川県・横須賀市(よこすかし)
秋彩の平林寺  埼玉県・新座市(にいざし)
岩峰の彩り  長野県・栄村(さかえむら)
遙かな滝  奈良県・下北山村(しもきたやまむら)
氷の森  岐阜県・高山市(たかやまし) ・秋神温泉氷点下の森
江月水仙ロード  千葉県・鋸南町(きょなんまち)
秋の寺  大阪府・高槻市(たかつきし) ・神峯山寺(かぶさんじ)
秋の渓谷  山形県・小国町(おぐにまち)
コスモス咲く高原  熊本県・南小国町(みなみおぐにまち)・小国コスモス村
高原のソバ畑  長野県・木曽町(きそまち)・開田高原
芹川の清流  滋賀県・多賀町(たがちょう)
夏のゆり園  埼玉県・所沢市(ところざわし)
轟(とどろ)の滝  高知県・香美市(かみし)・香北町
カタクリの山里  秋田県・仙北市(せんぼくし)・西木町
桜色の庭園  東京都・新宿区(しんじゅくく)新宿御苑
早春の湯河原梅林  神奈川県・湯河原町(ゆがわらまち)・湯河原梅林
厳寒の猪苗代湖  福島県・猪苗代町(いなわしろまち)・天神浜
冬の日本海  福井県・越前町(えちぜんちょう)・越前海岸
もみじ林  静岡県・伊豆市(いずし)・修善寺自然公園もみじ林
秋の渓谷  岩手県・八幡平市(はちまんたいし)松川渓谷
初秋の里山  茨城県・大子町(だいごまち)
ミソハギ咲く花之江の郷  栃木県・都賀町(つがまち)
十勝岳連峰映る水沢ダム  北海道・美瑛町(びえいちょう) 水沢ダム
梅雨時の花詣で  千葉県茂原市(もばらし) あじさい屋敷
夕映えの棚田  兵庫県香美町(かみちょう)西ヶ岡の棚田
春爛漫  長野県池田町(いけだまち)夢農場のサクラ
早春の花園  群馬県安中市(あんなかし)群馬フラワーハイランド